PAST WORKS オーダーメイド事例

NIKKEちゃん 熊谷O様 2020年6月

O様(70代)より、メディアに掲載された私の記事を読んで下さり、ネットで探して連絡をくださった。納品までの約2か月間、最後までご年齢がわからなかったので、今思うと制作過程では都度都度画像や動画を送らせていただいたり、挙句の果てにはブログをフォローしてとか、大変な思いをさせてしまったかもしれない。「古希であること、おかげでネットにちょっと自信を持ったこと」を最後の方でおっしゃってくださった。

O様との数カ月は感動の連続、そもそもご依頼の目的からして胸をうつものがあった。

ご長男のお嫁さんがとにかく良い方で、そのお嫁さんが可愛がっている保護猫のニッケちゃんを額絵にしてプレゼントしたいのだ、と。

​本当はサプライズプレゼントにしたかったらしいが、猫の画像もいただかなければならず、秘密にしてられないので早々に優しい儀母様の計画はバレバレになってしまったがニッケちゃんの写真はなんと”書留”で大切そうに送られてきた。だからわたしは心して、制作を始めたのである。

制作の様子 Video↓

IMG_3757

壁にかけられます

IMG_3752

猫ちゃんを上から見て頭撫ぜてあげますよね。だから私は上から見た感じも大切にしています。

晶様のメッセージ

ニッケママのメッセージ

送られてきたニッケちゃんの写真

送られてきたニッケちゃんの写真

背景のシュミレーション

背景のシュミレーション

お礼のお手紙

お礼のお手紙

いよいよ額装 柄合わせ

いよいよ額装 柄合わせ

Nikkeちゃんの名前もつくりました

Nikkeちゃんの名前もつくりました

スタンドにもなります

スタンドにもなります

file2

裏側にタミーズのロゴを入れさせていただきました

さみーちゃん 兵庫県K様 2020年7月

さみーちゃんのママさんは、明るくて楽しい街で親しまれるお風呂屋さんのママさん。旦那様は音楽家とか。

20年前に拾った雑種のさみーちゃん(男の子)を昨年の11月11日に亡くしたという。

ママさんは東京の大田区にもお住まいだったこともあり、私が勤めるMoMAデザインストアもご存じで親近感を持った。

LINEでコンタクト開始。送られてきたさみーちゃんの画像は多くなく、お目めぱっちり的なカメラ目線の写真は皆無。構図に苦労した。友人からの助言でさみーちゃんママは緑がお好きなこと、カワイイ方が良さそうだということがわかりデザインの方向をガラリと変えて再度ご提案。思いっきり世界でオンリーワンのお風呂屋さんデザインにした。

街の風呂屋の看板猫ならもしかして一般のお客様からの投稿写真とかSNSにないか検索すると、「あった、ありました」脱衣所のマッサージチェアに座るさみーちゃんの写真や入り口の湯の字の暖簾の写真などがたくさんアップされていて、お風呂屋さんと街の人々の温かい生活が見えてきて心が熱くなった。マッサージチェアのさみーちゃんも参考にしながらいろいろな想いをペンダントトップに詰め込み、レジンで流し込んだ。私としてはレジンでペンダント・・に大きな発見を見た。

お風呂屋さみーちゃん押しのデザインをママさんはとても喜んで下さり、元気だった頃のさみーちゃんを想像して(私の母が)作った。母のアイディアでおてては招き猫に風に。制作を通し、私も母もあらたな境地を開くことができ、とても楽しく制作を終えた。

制作の様子 Video↓

岸原法子さん(稲山さんのご友人)

さみーちゃんの写真

ラインでメッセージ

似させるのが大変でしたが、「似てる~!」ってメッセージいただくと本当にうれしいです。

IMG_4066

ママさんからいただいたメッセージをカードにしました。

IMG_4063

完成したバッグです。おひげも、肉球も、名前のサインもあります。*外側に保護用のビニールがつきますので飛び出したことも安心です

IMG_4034

レリーフながらちゃんと凹凸感がでています。さすが母は上手です。

IMG_4022

完成、富士山を明るく、チャームも明るくしました

IMG_4021

意外とレジンも奥が深い。気泡が入ったり、色がくすんだりするのだ

66EC5FF5-F21F-4D8C-BA70-9C8AB759748A-302

最初はこの写真で行こうかと。でもなんかグッとこないので悩む。

IMG_3725.PNG

お風呂屋さん。さみーちゃんの職場でした。

IMG_3932

やっと見つけたたちポーズの写真。でも下向き加減でちょっと悲しそうなので若くしてお手ても上げちゃいましたよ!

beauty_1592983083726

グリーンがお好きとのことでグリーンが上品に混ざったイタリア製の生地にやわらかい牛革のハンドルをつけます。

福ちゃん 京都府 M様 2020年5月

福ちゃんママは難病で闘病中です。大切にしていた福ちゃんを亡くし、落ち込んでいらっしゃいました。

なんとか元気づけてあげたいなとおもった友人が私へ福ちゃんを作ってくれませんかとお願いがありました。

優しい方が優しい方への思いやりプレゼントなんだ、と理解した私が感動しないわけありません。

貰った方も恐縮しないで済むぐらいのお値段で作りましょうねとご提案し、チャームにしました。

写真を取り寄せると、在りし日の福ちゃんがお散歩中にご主人様を見上げている可愛い写真がありました。

可愛い縞々のお洋服も着て、ねえねえママさん、と甘えているようです。私はこれだ!と思い、福ちゃんもママさんも元気だった頃に思いをはせ、涙ながらにつくらせていただきました。

IMG_3391

手のひらに収まるぐらいのサイズです

IMG-4106

福ちゃんママメッセージ

IMG_3904.JPG

お礼状

IMG_3344

丸で囲んだ写真を参考にしました

IMG_3402

福ちゃんママの絵をもとに作りました

IMG_3387

ベロだして、ママさんを見上げています。

IMG_3401

バッグチャームになります(裏にブローチピンもついていますので2WAY)

IMG_3309.JPG

中央はM様がご自身で描いた福ちゃん。お上手ですね。こちらも可愛いので作りました。

IMG_3394

パッケージはこんな感じ。タミーズのことも裏面で紹介させていただいています。

IMG_3310

写真からスケッチ

ディープ君 京都府  2020年5月

二条城前を裸で歩くベッカム似のディープ君。そうなんです首輪もリードもましてや洋服なんてディープ君は嫌いなのです。

でもそんな男前のディープ君も数カ月前に虹の橋を渡ってお星さまになってしまいました。

落ち込むディープ君ママに福ちゃんママからのプレゼントです。

これこそやさしさの連鎖。もしこういう思いやりの連鎖がどんどんつながって、そのお手伝いができたら、最高です。

サッカー界でベッカムが一世を風靡したころ、きっとディープ君も元気でやんちゃだったんでしょう。ママさんはディープ君の頭の真ん中をツンツン立たせてベッカムヘアに。京都の女子ワンコたちにきっとモテモテだったんじゃないかな、なんて犬世界を

想像しながら在りし日のディープ君に思いをはせ、ご主人様の悲しさを思いながら作りました。

IMG_3730

完成です。Deep君の頭文字をつけました。

05C1153B-81E9-43A3-840A-957D1A0F568B

男前!首輪もリードもお洋服もなし!!これはモテモテ間違いなしですね。

IMG_3733

作品的にはせめて首輪ぐらいあるとポイントができるのですが。。。

IMG_3731

裏にはブローチピンもついています。

Deepくんメッセージ

ディープママ、もうメソメソしないでね。

IMG_3734

パッケージ

チャッピー 埼玉県M様 2019年


私は還暦を迎え、数十年ぶりに仲の良かった高校時代の友人にあった。LINEのおかげで長い空白の時間がすぐに縮まり、愛犬を亡くしてひどく落ち込んでいること知った。

高校時代、彼女は強い人だと思っていたけど、同じく強い私もその前年に愛猫を亡くしていたので、悲しみはよくわかる。ペットロスということばを深く考えたのも、自分が日々感じていた焦燥感と重なり、この時だった。

実はワンちゃんを作ったことがなかったのだが、「羊毛フェルトで作ってあげようか?」と申し出て物語は始まった。
(級友のMさんより)
実は今日は(試作を画像で送った日)私の誕生日でした。チャッピーにそっくりな姿を実現してもらい、最高の日となりました。おすましなチャッピーに久しぶりに会えました。ひろみちゃん本当にありがとう。どうやってあんなフサフサの胸毛に出来るのか不思議。ひろみちゃんの作品はやっぱりすごいです。ひろみちゃんはこれからも色んな人たちを作品を通して幸せに出来ると信じています。(数日後)たった今、チャッピーが到着しました。ビックリです。だってチャッピーそのものなんだもの。お花をつけたチャッピーもLINEに使っていたぐらい気に入っていたものなので、ひろみちゃんは何でもお見通し、感心しました。チャッピーも(お家に)戻ってきて、本人が一番驚いているのではないかなと思います。改めてお手紙書かせていただきます。本当にありがとう。

セツ 埼玉県 M様 2020年

お尻に大怪我をしてぐったりしていた生後1か月ぐらいの子猫(後にセツと名付けられた男の子)がある日動物病院に運ばれてきました。毎日毎日治療が必要で、引き取り手もいないセツはそのまま、約5年間、先生とやさしいスタッフさんの愛情に包まれ生涯を病院で過ごし、幸せにその短い生涯を閉じました。3年前、2017年12月23日の事でした。 今回は、セツを可愛がったスタッフさんのお一人(Mさん)がセツ亡き後とても落ち込んでいるのを親友のYさんが励ましたくてセツのお人形(肖像画)を作って欲しいとのご依頼でした。私はもらい泣きしながら作ったことは言うまでもありません。優しい人々と一生懸命生きた猫ちゃんセツの真実の物語の一端をカタチにさせていただきました。

IMG_5783

完成しました。こちら正面

6886DAA4-3BAB-4578-AD2E-8B4936DCFC30

お顔のアップ

IMG_5689

沢山のブラウン系を使いました

IMG_5777

斜め上からお顔アップ

IMG_5850

ご依頼主様より

DD4CA5C1-DD19-4F33-96C0-1354F291BC1F

当初長方形の額をご希望されていたのでいろいろご提案

IMG_5688.PNG

セツのストーリーをお聞きしました

IMG_3509.JPG

セツのお家は病院でした

63003926-CACA-4AEF-970E-60A740B7001E

お好みの色を選んでいただきました

ビーちゃん 岐阜県 M様  2020年10月

ビーちゃんの事:「我が家の甘えん坊のビーちゃんのバッグをお願いしたい・・・」とお話がありました。

ある風の強い台風の日に夫婦の野良猫ちゃんを家に入れてあげて、そのまま家族になったようです。その後ビーちゃん・弟レン君が生まれ4匹をお世話するようになったのですが、ビーちゃんはママのミルクが飲めずM様は3時間おきに哺乳瓶で飲ませて育てたそうです。そのころM様はフレンチブルドッグのカンちゃんの急死でひどく落ち込んでいた時だったので、そうやってビーちゃんを育てているうちペットロスの悲しみから少しづつ元気を取り戻せたといいます。ですからM様にとって4匹の中でもビーちゃんは何か特別な存在なようです。

開発裏話し:

​今回は土台になるバッグを決めることなどいくつか苦労・工夫がありました。

当初はピンクが混じったブラウン系グレンチェック地にクロネコちゃんを、というご依頼でしたので、その通りをダミーで絵にしてお見せいたしました。私としては、クロネコちゃんのベースになる生地はどちらかというと1色で、モダン仕上げた方が良さがでるように思っており、また一方で思い描く完成図と実際に手に入る素材があるのかどうかは別問題なので、東京の主要生地屋を回り、実行可能な生地・パーツから複数のデザインを1から考えることになりました。

この手法は非常に時間と気を使うため通常はお受けできないのですが、このプロセスでいろいろな発見がありました。

例えば秋冬に人気のFUR(ファー)には好ましい色が店頭には存在しませんでした。モノトーンはありますがカラーものは深みのない色がほとんど無いのです。しかしながらたった1色、ディープなターコイズブルーがあり、”これだ、これならクロネコちゃんと合う!”とひらめき、裏地のご提案も含め再度複数の出来上がり予想図と共にお送りし、決まったのが今回のモコモコファーバッグのブルーです。

もう一つの発見は、ビーちゃんのお鼻です。ビーちゃんの顔は真っ黒で鼻も黒とのこと。私は通常鼻もフェルトで作りますが今回はそうすると鼻と鼻の先っぽの境目が無いのでなんかよくないのです。ご存じのように猫の鼻の先っぽはピタピタとアンメルツみたいに濡れています。なので塗料を先っぽに塗って違う黒を表現しました。

あと、簡単そうで作ってみると大変なのが大玉ビーズのハンドルです。何度も試作をした結果、固すぎず柔らかすぎずカタチを保ち、しかもきれいにメッキされたワイヤーを見つけました。

*今まで苦労話を披露することはありませんでしたが、一回一回のご注文はいつもかけがえのない挑戦の機会で、歴史です。そんな開発の裏側の一部を記させていただきました。

IMG_5395_edited

Describe your image

IMG_5600_edited

ふっくら可愛いカタチになりました。

IMG_5572

ワイヤーワークでBEE。スワロフスキーを付けました。

IMG_5617_edited

背面にもフエルトのお花をつけました

AECFDF09-0BE2-42F9-BC87-A95D981AA5D1

タミーズオリジナル大玉ビーズハンドル

IMG_5541

お花も同系色~黒を使用し沢山つけました

IMG_5148_edited

生地屋さんのファー売り場

  • Tammys YouTube
  • White Facebook Icon
  • White Twitter Icon
  • White Pinterest Icon
  • White Instagram Icon

© 2018 by Tammy's.

Proudly created with Wix.com

108-0073 東京都港区三田4-3-15
Tammy's Felt Works
Nikkeちゃんの名前もつくりました

Nikkeちゃんの名前もつくりました